投稿記事

法人口座開設

  • コピーしました

無事、法人会社が設立できたら銀行口座を開設です。

個人口座を引き続き使ってもいいのですが、法人会社の入出金と個人使用の入出金が混在して決算時期に痛い目に遭います。

どの銀行で口座開設すればいい?

  1. 銀行が会社の近くにある
  2. できれば大手銀行では無く地銀がいい
  3. 信用金庫、信用組合も検討の余地あり
  4. 銀行で1つ、信用金庫で1つの2口座作っておくのが理想

大手銀行は社長一人の会社で創業融資は「相手にされない」との話をよく聞きます。

地方銀行や信用金庫は守備範囲と設立目的が違うので一概には言えませんが地方銀行をメインバンク、信用金庫をサブバンクとして開設したいところです。

理由は、今後の融資相談をする場合にお付き合いがあるかどうかで大きく変わってくることと、銀行の方が信用金庫よりも総じて融資金額が大きいからです。

口座開設するための準備

  1. 窓口で融資担当者に話を繋いでもらう
  2. 法人会社を設立したので法人口座を開設したい旨を伝える
  3. 必要書類は何か?確認すること
  4. 次回のアポ取りの連絡先を確認
  5. 名刺、ホームページ、会社の看板

最初はふらっと立ち寄った様な感じでも構いません。

どの様な準備がいるのか教えてもらうことが目的です。もちろん顔も覚えてもらいましょう

次回の面談のために、法人口座開設に必要な書類が準備できたらアポをとります。

できれば名刺を作っておくこと、インターネットホームページを開設しアドレスを開示できる様にしておいてください。(間に合わなければ後日お伝えします・・・・の様な説明で十分)

自宅が会社なら看板も挙げておいた方が良いと思います。

私の会社も銀行さん、信用金庫さん、どちらも家まで確認に来ました。

大袈裟な看板ではなく、ポストや表札横に会社名を入れたテプラを貼っておけば十分だと思います。

以前の様に簡単に法人口座を作ることができなくなっていますので、あなたの会社がどんな商売をしているのか確認が必要なのです。

(マネーロンダリング等、不正送金に使われない様に厳しく審査する様になりました)

口座開設

創業準備の投稿にも書いていますが、印鑑セットを準備されているかと思います。

法人実印、銀行印、社印、ゴム印セット一式持参しておけば、事足ります。

おそらく、定款コピーや法人印鑑証明、法人登記全部事項証明書なども合わせて提出依頼があったと思いますので忘れずに用意しましょう。

 

銀行では指示された書類の各項目に記入、捺印、忘れてならないのが新規入金用のお金です。

法人口座なので10万円くらい入れておけば印象も変わる?かと思います。

 

私は、信用金庫さんも同じ様な手順で銀行さんと並行して開設手続きをしました。

(銀行さんと信用金庫さんが近くだったので午前、午後でアポを振り分けたり、時間をずらして効率よく面談、開設手続きができました)

晴れて法人口座開設となったら、次は融資申込です。

 

  • コピーしました

谷 廣文

代表取締役

谷 廣文

兵庫県在住の61歳。 再雇用と法人会社経営の兼業中です。 会社のホームページは私自身が一から勉強し立ち上げています。 同世代のシニアに向けた情報発信でSNSやブログにも取り組んでいますので、皆様のちょっとしたきっかけとなれれば幸いです。

サイト内検索
  最近の投稿
アクセス

会社住所
兵庫県三田市弥生が丘5丁目10番地4

営業時間(土日祝日を除く)
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM

 

 人気記事
 Wordpressテーマ